弁護士のメリットとは


民事再生法は会社更生法とは違い、経営者はそのまま継続できます。加えて借金を計画的に返済しつつも、再び会社の経営を立て直せるのがこの法律の特徴です。借金により会社の経営が危ない状況は少なくありません。そんな中で民事再生法を知らない方も多いと聞きます。このままでは借金が原因で倒産してしまう状態から回復するためにも民事再生法を知っておいて損はないでしょう。会社経営を初めて間もない場合は、借金が原因で倒産することを考える方は多くないです。したがって、いざこのようになったときにどうしたらよいか知る必要があります。

握手手続きで不安がある場合は、弁護士へと相談も得策です。民事再生の手続きに、必ず弁護士に相談しなければならないわけではありません。しかし、弁護士へ民事再生法について相談することでメリットがあります。1つ目は自分1人で手続きを行うよりも、圧倒的に不安が軽減されることです。依頼する方の相談する方の心情としてはこのままどうしたらいいのか不安でいっぱいであることが予想されます。そのため1人で進めようにも手続きであたふたしてしまうのではないでしょうか。

その点、同じような案件をこなしてきた弁護士に頼ることで、知識も経験も豊富で1人で進めるよりも不安なく進められます。とはいえ、弁護士へ依頼する前には、相談費用が心配になるものです。依頼する弁護士にもよりますが、中には無料で相談できるところがあることをご存知でしょうか。民事再生の手続きをしようにも不安があるという場合は弁護士のサポートを受けてみてはいかがでしょうか。