弁護士へ依頼前に


会社の借金によって倒産が考えられるとき、民事再生法を希望する方も多いです。手続きを行うにあたって、民事再生法を適用させる前にいくつかの項目を確認しておくべきだと言えます。確認すべきこととは、書類提出は1回だけではないことです。あくまで裁判所に手続きをして承認してもらう必要があるというのが複雑化している理由の1つです。手続きにかかる期間は場合によって異なりますが、6か月ほどかかると予想しておいた方が良いでしょう。ここで具体的にどんな書類の提出が求められるのかという疑問が浮かんでくるのではないでしょうか。

書類手続きの際に必要となる書類の例を挙げます。最初に挙げられるのは民事再生手続きの申し立て書類です。手続きはこの書類から始まると言っても過言ではありません。この書類は借金の額を減らして、計画的に返済していきたいと希望する意味を込めた書類となるのです。次に必要となる書類の例には、財政状況の報告書が挙げられるのではないでしょうか。

民事再生法を適用できるかどうか決めるためには会社の資金などを含めた財政報告書の書類の提出が必要です。ここも含め、このまま会社再生の見込みがないと判断された場合、民事再生法が適用されないこともあります。したがって、ここにも注意が必要になるでしょう。このように提出する書類も多く、個人でするとなると多大な時間がかかります。このことから分かるように民事再生法を希望する方は一度弁護士へ相談してみるのも手の1つです。

 

関連リンク
債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所