借金問題は弁護士へ


借金が重なり、会社が倒産することはよくあることです。再生のための方法には民事再生法の適用が挙げられます。この法律の内容は基本的に借金を減額させて、計画的に支払いをしていくという法律です。では、ここからどうやったら民事再生法の手続きをスムーズに行えるのか、方法の1つを紹介します。

ビル行動に起こす前にまずは民事再生法について知っておきましょう。民事再生法の他にも会社更生法をという法律があることをご存知でしょうか。会社更生法もまた、その名の通り借金によって倒産しかけている会社を更生させるための法律です。しかし、先述した民事再生法とは決定的に違うところが約2つ挙げられます。1つ目は、少なくとも経営者は辞めなければならず、継続して経営できない点です。一方、民事再生法の場合はそうではなく、そのまま継続して経営者が会社を立て直せるのが特徴となります。

2つ目は会社更生法の場合、企業などの法人向けになっているところが違いとして挙げられます。一方、個人営業でも適用されるのが民事再生法のメリットとも言えるでしょう。手続きをしようと決めたら、手続きを行う前に把握しておくべきことがあります。それは手続きには約6か月かかることです。手続きに時間がかかる理由は、承認してもらうまでに手続きが複数回あることが理由の1つです。したがって、民事再生手続きをスムーズに進めるためにも弁護士への相談が良いでしょう。知識や経験があるため、自分でするよりも比較的スムーズに進められるのは当然ですが、何より不安をそのままにしておかずに済むのでストレスも軽減されるのが最大のメリットです。

会社を早々に倒産させたくない気持ちが強い方ほど、民事再生法の適用を望むものです。とはいえ事前に借金が重なることを想定している方は少ないため、いざ困った時にどう進めれば良いのか迷うでしょう。こちらの記事では民事再生をするうえで、どうやったらスムーズに進められるのかを紹介しています。同じように会社の立て直しのために民事再生を適用させたい方にとって、有益なことがお伝えできれば幸いです。