弁護士へ借金相談


お金に困るサラリーマン会社経営をしていく上で、資金がたくさん必要になります。そのため場合によっては借金が積み重なり、このままだと会社が倒産するところまで追いつめられる方もいるのです。特に自分で会社を立ち上げた方の中には、必死に作りあげた会社であるため、そう簡単に倒産させたくないという気持ちが強いと聞きます。同じような立場に立った方の中には社員の給料を減額するなど、削れる経費から削っていくという洗濯をする方もいます。しかし、あえて一緒に頑張ってき社員を見捨てずに解決する方法を望む方が多いのも事実でしょう。

会社経営で積み重なった借金を返すためには様々な方法があります。その中の1つとして方法が民事再生という法律が存在します。民事再生法とは借金に倒産しかけたところをもう一度経営可能な状態にする法律と言えます。具体的な内容は借金を減額して計画的に返済していくための法律です。民事再生法のほかにも会社更生法という法律が存在します

これも同じような法律に見られることも多いのですが、違う部分がいくつかあります。その例の一つとして、適用される対象の中に個人及びフリーランスなどが対象になっていない点が挙げられます。つまり法人向けの法律であるということです。その点、民事再生法は個人で営んでいる場合でも適用される法律になります。民事再生法は法人である企業もためになる法律であるのと同時にフリーランスで経営している方にとっても助かる法律だと言えるのではないでしょうか。