弁護士へ依頼前に


会社の借金によって倒産が考えられるとき、民事再生法を希望する方も多いです。手続きを行うにあたって、民事再生法を適用させる前にいくつかの項目を確認しておくべきだと言えます。確認すべきこととは、書類提出は1回だけではないことです。あくまで裁判所に手続きをして承認してもらう必要があるというのが複雑化している理由の1つです。手続きにかかる期間は場合によって異なりますが、6か月ほどかかると予想しておいた方が良いでしょう。ここで具体的にどんな書類の提出が求められるのかという疑問が浮かんでくるのではないでしょうか。

書類手続きの際に必要となる書類の例を挙げます。最初に挙げられるのは民事再生手続きの申し立て書類です。手続きはこの書類から始まると言っても過言ではありません。この書類は借金の額を減らして、計画的に返済していきたいと希望する意味を込めた書類となるのです。次に必要となる書類の例には、財政状況の報告書が挙げられるのではないでしょうか。

民事再生法を適用できるかどうか決めるためには会社の資金などを含めた財政報告書の書類の提出が必要です。ここも含め、このまま会社再生の見込みがないと判断された場合、民事再生法が適用されないこともあります。したがって、ここにも注意が必要になるでしょう。このように提出する書類も多く、個人でするとなると多大な時間がかかります。このことから分かるように民事再生法を希望する方は一度弁護士へ相談してみるのも手の1つです。

 

関連リンク
債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

弁護士のメリットとは


民事再生法は会社更生法とは違い、経営者はそのまま継続できます。加えて借金を計画的に返済しつつも、再び会社の経営を立て直せるのがこの法律の特徴です。借金により会社の経営が危ない状況は少なくありません。そんな中で民事再生法を知らない方も多いと聞きます。このままでは借金が原因で倒産してしまう状態から回復するためにも民事再生法を知っておいて損はないでしょう。会社経営を初めて間もない場合は、借金が原因で倒産することを考える方は多くないです。したがって、いざこのようになったときにどうしたらよいか知る必要があります。

握手手続きで不安がある場合は、弁護士へと相談も得策です。民事再生の手続きに、必ず弁護士に相談しなければならないわけではありません。しかし、弁護士へ民事再生法について相談することでメリットがあります。1つ目は自分1人で手続きを行うよりも、圧倒的に不安が軽減されることです。依頼する方の相談する方の心情としてはこのままどうしたらいいのか不安でいっぱいであることが予想されます。そのため1人で進めようにも手続きであたふたしてしまうのではないでしょうか。

その点、同じような案件をこなしてきた弁護士に頼ることで、知識も経験も豊富で1人で進めるよりも不安なく進められます。とはいえ、弁護士へ依頼する前には、相談費用が心配になるものです。依頼する弁護士にもよりますが、中には無料で相談できるところがあることをご存知でしょうか。民事再生の手続きをしようにも不安があるという場合は弁護士のサポートを受けてみてはいかがでしょうか。

弁護士へ借金相談


お金に困るサラリーマン会社経営をしていく上で、資金がたくさん必要になります。そのため場合によっては借金が積み重なり、このままだと会社が倒産するところまで追いつめられる方もいるのです。特に自分で会社を立ち上げた方の中には、必死に作りあげた会社であるため、そう簡単に倒産させたくないという気持ちが強いと聞きます。同じような立場に立った方の中には社員の給料を減額するなど、削れる経費から削っていくという洗濯をする方もいます。しかし、あえて一緒に頑張ってき社員を見捨てずに解決する方法を望む方が多いのも事実でしょう。

会社経営で積み重なった借金を返すためには様々な方法があります。その中の1つとして方法が民事再生という法律が存在します。民事再生法とは借金に倒産しかけたところをもう一度経営可能な状態にする法律と言えます。具体的な内容は借金を減額して計画的に返済していくための法律です。民事再生法のほかにも会社更生法という法律が存在します

これも同じような法律に見られることも多いのですが、違う部分がいくつかあります。その例の一つとして、適用される対象の中に個人及びフリーランスなどが対象になっていない点が挙げられます。つまり法人向けの法律であるということです。その点、民事再生法は個人で営んでいる場合でも適用される法律になります。民事再生法は法人である企業もためになる法律であるのと同時にフリーランスで経営している方にとっても助かる法律だと言えるのではないでしょうか。

借金問題は弁護士へ


借金が重なり、会社が倒産することはよくあることです。再生のための方法には民事再生法の適用が挙げられます。この法律の内容は基本的に借金を減額させて、計画的に支払いをしていくという法律です。では、ここからどうやったら民事再生法の手続きをスムーズに行えるのか、方法の1つを紹介します。

ビル行動に起こす前にまずは民事再生法について知っておきましょう。民事再生法の他にも会社更生法をという法律があることをご存知でしょうか。会社更生法もまた、その名の通り借金によって倒産しかけている会社を更生させるための法律です。しかし、先述した民事再生法とは決定的に違うところが約2つ挙げられます。1つ目は、少なくとも経営者は辞めなければならず、継続して経営できない点です。一方、民事再生法の場合はそうではなく、そのまま継続して経営者が会社を立て直せるのが特徴となります。

2つ目は会社更生法の場合、企業などの法人向けになっているところが違いとして挙げられます。一方、個人営業でも適用されるのが民事再生法のメリットとも言えるでしょう。手続きをしようと決めたら、手続きを行う前に把握しておくべきことがあります。それは手続きには約6か月かかることです。手続きに時間がかかる理由は、承認してもらうまでに手続きが複数回あることが理由の1つです。したがって、民事再生手続きをスムーズに進めるためにも弁護士への相談が良いでしょう。知識や経験があるため、自分でするよりも比較的スムーズに進められるのは当然ですが、何より不安をそのままにしておかずに済むのでストレスも軽減されるのが最大のメリットです。

会社を早々に倒産させたくない気持ちが強い方ほど、民事再生法の適用を望むものです。とはいえ事前に借金が重なることを想定している方は少ないため、いざ困った時にどう進めれば良いのか迷うでしょう。こちらの記事では民事再生をするうえで、どうやったらスムーズに進められるのかを紹介しています。同じように会社の立て直しのために民事再生を適用させたい方にとって、有益なことがお伝えできれば幸いです。